玉川学園・花とミツバチプロジェクト
    ミツバチ のための樹を植えて
    ミツバチ のための花を育てて
    ミツバチ からの贈り物を楽しみ
    ミツバチ と共に豊かに暮らす


    花とミツバチM

    ♪はじめまして♪まずは自己紹介から 

    クリックして↓コチラからどうぞ〜♪


    玉川学園・花とミツバチプロジェクトへようこそ!

    訪問‥ありがとうございます♪

    お問い合せメール→ミツバチ@管理人

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Comments+Trackback
    Comments<>+-
    Trackback <> + -

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    -

    Comment

    Comment Form

    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    -

    Trackback

    Trackback URL

    70

    ハチミツ ー単花蜜と百花蜜ー

    松香ハニーさくらrogo


    おかげさまで、「松香ハニーさくら」は、好評を得ましたが、それにまつわる報告をさせて下さい。

    玉川学園7丁目に「シャロームの家」と呼ぶ知的障害者のための通所施設がありました。
    正式には社会福祉法人紫苑の会の運営するこの施設が、町田市などの支援を得て、金森地区に施設を移した際に後援会ができ、私(松香)はご縁があって、その後援会長を受けています。
    その施設の機関誌「シャローム通信」12号に標記のタイトルの一文を寄稿しましたので、ご紹介します。


    今年(2013年)4月11日に「松香ハニーさくら」を採蜜しました。春早い玉川学園のサクラに合わせて冬の間に群の手入れをして備えておくのです。
    手入れを担当してもらった干場(ほしば)さんの会心作となりました。
    わかりやすく言えば桜餅の匂いのする蜜でした。

    サクラ蜜として売り出したところ,大変好評でしたが、「どうやってサクラの蜜を集めさせるのか」という問い合わせを沢山もらいました。


    世にレンゲ蜜、アカシア蜜、など植物名をつけた蜜がありますが、これらは一種類の花から採ったということで単花蜜と呼ばれています。が、ミツバチが示し合わせて私たちのために採りに行くわけではありません。

    良い蜜源(糖度の高い蜜が沢山ある例えばレンゲ畑やニセアカシアの森)を見つけたはたらきバチは、巣に戻るとそれをなかまに報告します。
    収穫ダンスを踊って、巣からの方角とおよその距離を知らせるのです。
    次々のハチが同じダンスを踊ると、結果的に全員が?同じ蜜源に行って単花蜜が得られるのです。


    ハチミツ中に入っている花粉を調べることによって、何の花から集めた蜜かを知ることができ、レンゲでは90%以上の純度のものもあります。

    色々な花が咲き乱れるところでは意見が分かれるのでしょう、百花蜜と呼ぶ混合蜜になりますが、それが本物だと言う人も多いです。色々な味のハチミツをお楽しみください。


    ミツバチ先生2013
    松香ハニーの糖度をチェックしているミツバチ先生

    ミツバチ先生(松香光夫)
    関連記事
    0

    Comment

    Comment Form

    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    0

    Trackback

    Trackback URL

    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。