玉川学園・花とミツバチプロジェクト
    ミツバチ のための樹を植えて
    ミツバチ のための花を育てて
    ミツバチ からの贈り物を楽しみ
    ミツバチ と共に豊かに暮らす


    花とミツバチM

    ♪はじめまして♪まずは自己紹介から 

    クリックして↓コチラからどうぞ〜♪


    玉川学園・花とミツバチプロジェクトへようこそ!

    訪問‥ありがとうございます♪

    お問い合せメール→ミツバチ@管理人

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Comments+Trackback
    Comments<>+-
    Trackback <> + -

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    -

    Comment

    Comment Form

    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    -

    Trackback

    Trackback URL

    19

    講演会のお知らせ

    matsuka-image

    ミツバチ先生こと松香さんの講演会がありますのでお知らせします。

    「まちだ雑学大学 雑学講座」
    「ミツバチとアピセラピー」 

    場所:町田市民文学館 ことばらんど
    日時:7月20日(水) 13:00から

    講座のレジュメを頂きました。ご紹介します。

    まちだ雑学大学7月講演(講義)関係資料

    1.講師松香光夫氏(元玉川大学教授)プロフィール
    (1)略歴
     1942年 東京都生まれ
     玉川大農学部卒業(1964年)、東京大学大学院博士課程終了(1969年)理学博士、
     玉川大学農学部講師、助教授を経て教授(1982年)、2007年退職
     (社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会会長、日本アピセラピー研究会会長       
     これまでにAAA(アジア養蜂研究協会)会長、IBRA(国際ミツバチ研究協会)理事等国際的に活躍

    (2)専門分野
     ミツバチ科学 応用昆虫学  生物学教育

    (3)主な著書
     『ミツバチ利用の昔と今』(農産漁村文化協会)
     『アジアの昆虫資源』(農林統計協会)
     『ポリネーターの利用』(サイエンスハウス)
     『岩波生物学辞典』(分担執筆、岩波書店)
     『ガンに効くプロポリスとガンに効かないプロポリス』毎日新聞社(中村博彦著、松香光夫監修) 
     その他著書・訳書・論文多数

    2.講話内容
    (1)講話名  「ミツバチとアピセラピー」
    (2)講話内容 
     ①ミツバチのくらし
     ②ミツバチの生産物 ハチミツ、花粉、プロポリス 蜂ろう、ローヤルゼリー、蜂児、ハチ毒、果実
      ・種子(イチゴ、メロン、リンゴ、サクランボ、・・・) 
     ③アピセラピー(アピはミツバチのこと、ミツバチやその生産物を利用した癒し)

    [参考図書]
     松香光夫著『ミツバチ利用の昔と今』1998年農山漁村文化協会
     『シリーズ健康の科学9みつばち健康読本』2000年東洋医学舎

    皆さん、松香さんの講義を聴きに行きましょう。
    ミツバチ@管理人も行く予定です。


    関連記事
    0

    Comment

    Comment Form

    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    0

    Trackback

    Trackback URL

    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。